デザイン

a0001_013648

多くのメリット

外注サービスを活用するメリットは多数あります。
ここでは、フリーランスとして活動する個人デザイナーへ外注するケースについて考えてみましょう。

まず、デザイナーは正社員や派遣社員、アルバイトなど、様々な形態で働いています。
これらの人材が自分で営業を行うことは少なく、企業の中での役割としてデザインを行っていると言えます。

たとえば、デザイン事務所では営業とデザイナーが別に存在しているケースが大半。
組織形態として分業化を進めることによって、より専業的に仕事を行うスタイルです。

会社組織と言うものがそもそもこのような機能を有している為、デザインを行う人と営業が別に担当するのは魅力的なことと言えるのです。

ただし、この時、いくつかの問題点が挙げられます。
ここではデザイナーを外注サービスとして活用するメリットについてご紹介したいと思います。

まず、コストがかかること。
会社組織にはデザイナーだけでなく、営業や事務員といったスタッフがいます。
また、印刷工程やWEBコーディングまで行うような会社であれば、製造スタッフのような社員の存在も欠かせません。

彼らの人件費をすべて考慮した上での料金ということになります。
デザイナー個人が仮に外注サービスという位置づけで存在している場合、こうしたコストを一気に削減できるのです。

次に挙げられるのは内容物の精度。
相手の営業担当が社内に持ち帰ってデザイナーが製作したものは、往々にして希望するデザインと異なることがあります。

低コストで高精度なものを

営業を行う時、すべての担当者がデザインに精通している人材であればリスクは減りますが、それでも可能性としては納得できない製作物が生まれることは多々あります。

やはり、営業担当がうかがっていたイメージもクライアントからの伝言ゲームですし、それに対してデザイナーを介してしまうと、わけが分からないものになってしまいます。
その問題点も、個人デザイナーが外注サービスの役割を担うことで問題が解決するのです。

外注サービスとして、是非ともデザイナーを活用すること。
コストを抑えながら高精度なものを作成する上で欠かせない要素です。