ライティング

a0001_001906

文章コンテンツは大切

フリーライターへ文章を外注するケースがあります。
たとえば、会社の発行するパンフレットであるとかホームページの作成にあたり、文章コンテンツが必要になるケースが考えられるでしょう。

このとき、社内のスタッフでは文章のプロフェッショナルが在籍しておらず品質が著しく低くなってしまうケースも考えられます。
基本的には毎日文章を作成するということはありません。

そのため、デザイン事務所など、外部のライティング業務が発生しない会社では、稼働していない時期も含めてライターを社内に雇う理由はあまり見当たりません。

無駄なコストが発生してしまうからです。

このような問題を解決する方法としてフリーライターへ業務を委託するということが考えられます。

そうすることで、一回のコストが高くなってしまったとしても、雇用することと比べればトータルの支出ではかなり低く抑えられることができます。
つまり、企業の経営状態も安定しますし、品質面でも不安に感じることが無くなるでしょう。

フリーライター

このとき、記事作成をフリーライターに依頼するのが難しいというケースも考えられます。
最近では多くのフリーライターがホームページを所有する時代になりましたが、基本的にホームページを有するようなフリーライターはある程度の有名人。

メディアに進出しているとか、何らかの書籍や刊行物の出版に携わっている為に、1回ごとのコストは高くなってしまうわけです。

一方、駆け出しのフリーライターがフリーブログを始めているケースでも注意が必要。
フリーブログなどの場合、どうしても信頼性に欠けてしまうものですから、発注に関して安心できるとは言えません。

文章力はブログを読めばチェックできるのですが、業界に精通しているかどうか、コミュニケーション力はどうか、納期はどうか、となると、やはり不確定な要素が多いのではないでしょうか。

たとえば、フリーライターが在籍する記事作成の会社に外注サービスとして委託する方法が考えられます。
このような方法を取ることで、高いレベルの文章がある程度ローコストで手に入ることになります。

外注サービスは様々な活用方法があります。
ライティングサービスもこのようなサービスを活用する時代ですね。